スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100530 UNISON SQUARE GARDEN ワンマン JET CO. TOUR 2010@京都磔磔

2010.05.31 ライブレポ
5月30日。京都は磔磔。それはそれは楽しい空間がそこにはありましたとさ…。
UNISON SQUARE GARDEN、セカンドアルバムJET CO.を引っさげてのツアーです。僕は京都会場に行ってきました。
磔磔はそれはそれは古いライブハウス…らしいです。酒蔵?らしいです。とにかく小さいです。チケット売り切れらしいです。素晴らしい。

チケットは前回のツアーで買っていたので割と若い番号。あんま若くても、どうせちょっと離れたところをとるから意味ないんですが。若いにこしたことはない。
場所は真ん中の柱やや下手側をキープ。
とにかく中が窮屈だったのが印象的です。スタッフさんが頑張って奥につめさせてました。

開場時間は30分だったので一人で待つのも全く苦じゃありませんでした。
暗転→いつもの登場SE(イズミカワソラさんの絵の具という曲らしいです)で登場。
磔磔は舞台袖ってのが無くて、客席?後方の階段から降りてきて下手側を通ってステージに上がります。普通にお客さんの横を通るのが特徴的。
だから皆下手側で立ち止るからスムーズにお客さんが入らないんですね。

それじゃ内容に。以下当然ネタバレです。

1.メッセンジャーフロム全世界
2.コーヒーカップシンドローム
3.カラクリカルカレ
ニューアルバムから2曲、曲順どおりに披露。コーヒーカップシンドロームのサビでは実際に手を回してる人がいたのを覚えています。
カラクリカルカレは間違いないね。

4.チャイルドフットスーパーノヴァ
ベース田淵さんがカウント。「ん?」と思ったらベースから始まるこの曲だったんですね。
曲の変化がノッてる方も楽しい。

5.キライ=キライ
爆音であのフレーズ。きたー!今回楽しみにしてた曲の1つです。
この曲、やっぱり箱庭ロックショーにかなり構造似てますよね?そんなことない?
この曲は全編楽しいです。
イントロからAメロのリズム、Bメロからその他大勢~サビへの盛り上げ方、サビの究極にキャッチーなメロディ、Cメロの展開も全部!!

6.meet the world time
ドラムがリズムを作ると斉藤さんの「meet the world!!!」のシャウトで曲が始まります。
テンポが音源よりも少し遅くなってたように感じました。
しかしJET CO.の曲は音源から想像してた以上に楽しい!!!この曲もそう。


7.ライドオンタイム
出だしのアナウンスは斎藤さんが。
ライブで何度か聴いていたこの曲も、音源になってからはさらにノれます!!

8.マスターボリューム
この曲らへんでかなり体力的に厳しかったですwはやいw
もう、それほどに楽しくて、体力温存なんて全く考えられなかった!!
んで何より無茶苦茶暑かった…。

9.空の飛び方
これはとにかくベース田淵さんが無茶苦茶笑顔だった。

10.夜が揺れている
11.気まぐれ雑踏
夜が揺れている、これは本当に本当にドラムがカッコ良すぎる。反則!!
叩いてる鈴木さんももちろん超カッコ良かった!!
爆音、それはもう爆音で曲が終わった時あまりにも圧倒されてお客さん無言。
物音がならないまま気まぐれ雑踏が始まりました。それはそれは綺麗なスタート。
そしてこの曲終わりも物音ひとつしなかった。
この2曲、ユニゾンの凄さを突きつけられましたね。

12.箱庭ロック・ショー
13.cody beats
楽しい。

14.アイラブニージュー
僕の中で一番ライブ化けして驚いた曲です。音源では印象薄だったんですがバカでしたね。すげー楽しかったよ!w

15.MR.アンディ
手ぇ叩いとけ、そしたら間違いないから。

16.フルカラープログラム
もうこの曲とガリレオは絶対セットリストから外さないでほしい。大好き。

17.23:25
フラッフラであんまちゃんと聴けなかったのが悔やまれる。

-encore-

アンコールから戻ってきたメンバー。
斉藤「アンコールありがとう!もうちょっとだけやります!」
もうちょっとと言わず、もっとやってくれてもよかったよ!

18.スノウアンサー
これ、ムッチャいいなw
もともとJET CO.の中ではキライ=キライとコレが1,2を争うくらい好きなんですが、斉藤さんにもっと低音でも歌ってほしいね。

19.センチメンタルピリオド
20.ガリレオのショーケース
ここらへんはね。
しかしガリレオがラストっていうのはすげー嬉しかったです。
ライブではガリレオが一番好き。もう踊り狂ってたね!!



MCは割と少なめでした。
やっぱり田淵さんの「ルールなんてないからそれぞれの楽しみ方で楽しんでほしい」的なところがね。それはもうライドオンタイムの歌詞そのままなんだけど。
アツい男ですよ。

今回も全体力を使い果たし、そして前回よりも自分を忘れて楽しめた!やっぱりユニゾンは「楽しい!!」これは変わらない!
セットリストは今までの定番曲は残しつつJET CO.中心で、かなり王道といえるものだったんじゃないでしょうか。
ただ今回はとうとう未音源曲がありませんでしたね!これは意外でした。

あ、あと今回はお立ち台?っぽいのがあったと思います。最近のビジュアル系バンドがよく使うイメージなんですが。結構斉藤さんも田淵さんも各々のソロパートで使ってました。

そしてそして今回も田淵氏の奇行は健在でした。
今回は舞台袖が存在しない為お得意の袖幕からヒョコヒョコができない!
でもしっかりと下手の自分たちの登場導線で暴れてたのと、お立ち台の上で客に背中を向けながら手を鳥が羽ばたくようにウェーブさせてたのには度肝抜かされました。意味ワカラン…www

とにかく行ってよかったなあ。
次ユニゾンのワンマンに行けるのはいつなんだろうか。
もしかしたらもう… とりあえずこれから頑張らんといかんです!

あとはSHIBUYA-AXのファイナルがM-ON!で放送されるらしいので要チェック!!



1.メッセンジャーフロム全世界
2.コーヒーカップシンドローム
3.カラクリカルカレ
4.チャイルドフットスーパーノヴァ
5.キライ=キライ
6.meet the world time
7.ライドオンタイム
8.マスターボリューム
9.空の飛び方
10.夜が揺れている
11.気まぐれ雑踏
12.箱庭ロック・ショー
13.cody beats
14.アイラブニージュー
15.MR.アンディ
16.フルカラープログラム
17.23:25

-encore-

18.スノウアンサー
19.センチメンタルピリオド
20.ガリレオのショーケース
Secret

TrackBackURL
→http://redddd.blog95.fc2.com/tb.php/211-6b53a796 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。