スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の命/世界の終わり

2010.02.17 世界の終わり
シングルレビュー:幻の命/世界の終わり
―終わりから始まり―
なんとなくBGMとしてチャンネルをスペースシャワーに合わせていると流れてきた音楽がこの「幻の命」でした。
その次の日、タワレコでシングルを買っている自分がいました。久しぶりにこういう偶然に音楽に出会った喜びを感じ、幸せな気分に浸ることができたのでした。やっぱ音楽は受動的に見つけるもんだな。
彼らはインディーズで活動する4ピースバンド。といってもギターボーカル、ギター、ピアノ、そしてDJというちょっと特殊な構成。リズム隊が存在しないのです。というのも元々彼らは幼馴染(という言い方が正しいかはわからないが)らしく、そしてなんとライブハウス「club EARTH」を自分達の手で作り、そこで共同生活をしているという。そのメンバーじゃないといけない何かがあるのだと思います。彼らの「世界」を持っているのです。



01.幻の命 ★
この曲の良さはシンプルに楽曲自体にあると思います。
別に歌が上手いとか演奏が上手いとかいうことはなくベースレス、ドラムレスということで音自体に特段秀でてる部分は正直これといって無いです。逆に言えばそれでも何か惹かれるのはその核に揺るぎないナニカがあるからで、誤魔化しなど必要ないということなのだと思います。
どこか幼さの残る声も特徴的。初めて聴いたときはPeple In The Boxの波多野さんを思い出しました。実際みんな結構若い…?

この歌は幻の命への賛美歌であり鎮魂歌。歌もピアノもギターもドラムも、どれもが無表情で無機質的で…それでいてひどく淋しげで悲しげなのです。

02.インスタントラジオ
打って変わってテンポの早いアッパーなポップチューン。ギターが元気に。声の加工も多用。ダサくてかわいい。いやかわいくてダサい。

03.白昼の夢(at club EARTH)
簡単に言うと夜行性の人間の歌。全編ピアノですが、YouTubeでは違うバージョンも確認できます。



あとから知ったことですが、SCHOOL OF LOCK、MUSICA、ロッキンオンジャパンのイチオシバンドらしいです。
今度4月7日にアルバム「EARTH」がリリースされるようです。UNISON SQUARE GARDENとシングル→アルバムの発売日が偶然の一致!!興味のある方はその前にタワレコ限定で発売されている期間限定シングルを買うことをオススメします。500円ですので。







EARTHEARTH
(2010/04/07)
世界の終わり

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://redddd.blog95.fc2.com/tb.php/206-aaf1cb96 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。