スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

just A moment/凛として時雨

2009.09.19 凛として時雨
アルバムレビュー:just A moment/凛として時雨
―TK独走状態―
凛として時雨メジャーデビュー後、初のアルバム。
アルバムとしては過去の作品と比べて一番アルバムらしいアルバムなんじゃないかと。
そして全然メジャーになった感のないアルバムだなあと感じました。相も変わらずの攻撃的すぎる音で常人には理解不能な世界観、それでいてそこに確かに存在する原因不明の「中毒性」。こんな音楽聴いてるヤツ、人間性疑われちゃうんじゃないだろうか。それがオリコンチャート上位に食い込んでくるんだから不思議!!
サウンド面ではギターボーカルであるTKがそのほとんどを構築しています。本当、彼の頭の中を除いてみたいです。

以下各曲レビュー(★はオススメ曲)

1. ハカイヨノユメ ★
歌に入る前のうねるようなベースが好き。
曲の展開が今までにないほどこれでもかというほど目まぐるしく表情を変えて聴く者の耳を楽しませてくれます。
今作ではやや出番の少ない345さんの声、この曲でしっかり堪能しておいてください。

2. Hysteric phase show
目新しいのはイントロくらいかな?
別にこの曲だけじゃなくてほとんどの曲に言えることなんだけど歌詞が本当にカッコよくない!笑

3. Tremolo+A ★
アコギの歌。アコギでも変わらずへヴィー。
サビで押し寄せるようなギターの音の波とそのあとの静寂とピエールのスティックでのカウントが面白い。

4. JPOP Xfile ★
TK「ここで『JPOP』て叫んで」
345「・・・!?」
ビデオクリップを作るほどですから、うん。今作で一番時雨の持つ独特なあの中毒性を匂わす曲でしょう。

5. a 7days wonder ★
345さんのベースリフに酔いしれていたら実はアコギとエレキ両方が鳴っていたり、更にはピアノが登場したりとやりたい放題。
今回のアルバムではLIVEでの再現に拘らない音作りが為されているらしく、それを象徴する1曲といえるでしょう。

6. a over die
初のインスト曲。変わらずの攻撃的サウンド。最後まで耳を離すな。

7. Telecastic fake show ★
一応のメジャーデビュー曲。ザ・時雨。

8. seacret cm
消えそうにささやくような声で歌うTK。そのバックでは例のごとく分厚い音が鳴っているわけですが。タイトルがよくわからん。

9. moment A rhythm (short ver.)
ショートバージョンってことで。これが少しでも気になったならばやっぱりシングル版も聴いておいてほしいです。
計算しつくされた狂気。凛として時雨の真髄はここに。

10. mib126 ★
オマーエータチガツクッターセカイーニィィィー!!!!



―既曲を超えるような曲は無い…ハズ…あれ?―
なんだかんだでオススメ曲がたくさん。ごめんなさい、好きなんです。冷静なレビューが書けませんでした。
でも本当に、アルバムとしては今までで一番好きな一枚になりました。だからといって人に勧められるかというと、それはまた別の話になってくるのですが。
ただ無理矢理ケチつけるならば、表情としては#4に似ているんですがアルバムの計算性が表に出過ぎているのか耳が時雨に聴き慣れてしまったのか、昔のようなスリル感が失われているような気もします。ただそれはどんなバンドにも言えること。また次のアルバムでは違ったアプローチで楽しませてほしいものです。



1. ハカイヨノユメ
2. Hysteric phase show
3. Tremolo+A
4. JPOP Xfile
5. a 7days wonder
6. a over die
7. Telecastic fake show
8. seacret cm
9. moment A rhythm (short ver.)
10. mib126

オススメ度:7/10

just A momentjust A moment
(2009/05/13)
凛として時雨

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://redddd.blog95.fc2.com/tb.php/187-b5002d4c 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。