スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

081012 UNISON SQUARE GARDEN ワンマン@梅田Shangri-la

2008.10.15 ライブレポ
UNISON SQUARE GARDEN、大阪ワンマン行ってきました。

10月12日、梅田Shangri-La。初めて行くライブハウスです。

当日のんびり昼過ぎに起きて、ぼちぼち準備。緊張感ゼロ。
電車で梅田へ向かいます。

梅田到着。シャングリラはロッカーが少ないってことで、駅のコインロッカーにカバン、上着を預けて半そでで向かいます。超さむい。
で、一番不安だったのが道。
極度の方向音痴なため、何度も地図を見て確認しました。ヨドバシの向こうのファーストキッチンの前の通りをまっすぐ、地下の道を突っ切って出たらすぐ左折。
実際行ってみるとすんなり到着でした。割と時間は30分以上余裕あったかな。

シャングリラの前に着くと、何やら先に着いていたファンの人がTシャツにメッセージを書いてました。
赤、青、黄色の3枚でメンバーの人に渡すらしく、自分も書かせてもらいました。すごいなー、愛されてるなー、とか思いながらそこに自分も入れたのが嬉しかったです。

シャングリラ、道からヤシの木がはみ出ていい感じにわかりやすいのですが、道が狭い。当たり前だけど。歩道に人が群がっちゃって、係の人が開場の18時までは一時解散してくださいと。

その前にグッズの販売が始まったので列に並びました。
迷ったんですが、とりあえず新グッズのセンチメンタルピリオドストラップとタオル、Tシャツを買いました。なんかいっつも自分ストラップとタオルとTシャツ買ってる。タオルとTシャツはわかるとしてストラップはいらないかもなw
タオルは青色、Tシャツは流星前夜のジャケットっぽい黒色のやつにしました。センチメンタルピリオドのTシャツもあったんですが、何より流星前夜のジャケが大好きなので。しかしTシャツも時雨、OTODAMA、UNISONと全部黒。どうなんだその偏ったセンスは。

ここで思ったのが、結局グッズ買っちゃって荷物が増えたってこと。これじゃあんまし駅に荷物置いてきた意味がないw
兎にも角にも近くのファミマトイレで着替えてみた。テンション上がった。

そうこうしてると開場時間。結局中のロッカー空いててグッズとかそこに入れました。駅のロッカー使わなきゃよかった・・・。

いやーシャングリラ、小さい!!
いやわかんないけど今んとこ大阪城ホールとかしか行ってないから小さく感じました。これは友達のバンド見に行ったときと大きさ的には変わらないなー。
キャパ的には400とか?
天井からはシャンデリアが2つとミラーボールが吊るしてあって、なんか大人な雰囲気だ!

自分は身長177くらいで若干デカめです。なんかいっつもライブ行くと後ろの人が身長の話をしてて見える見えないだのチクチク攻撃してくるのでできるだけ端っこの方を心がけます。
結果左側スピーカーの前。密着。どうも。

それでも列で数えれば前から2番目とかだし、悪くないかなーと思って時間を待ちます。

18時30分をまわってUNISON SQUARE GARDEN登場。
ドラムの鈴木さん、ベース田淵さん、ギター&ボーカル斎藤さんの順に登場。鈴木さん、いきなりズルッと滑ったかと思うと斎藤さんのギターを倒したみたい。うん、いい出だしだ。
ライブスタートです。

1.アナザーワールド
2.水と雨について
3.流星行路
新世界ノートの1曲目から始まりました。正直アナザーワールドから始まるとは全く思ってなかったです笑 でもワンマン1曲目にふさわしい曲かもですね。割とスローテンポの曲なんだけど。
水と雨についてはPVもある人気曲。アナザーワールドから一転して一気にスピード感のある曲でグッと場が一つになる。
流星行路もその勢いでサビとかはかなり踊れました。
というか予想はしてたけど田淵さんの動きがヤバい!!これは笑わずにいられない!!位置的にモロベース側で、手ぇ伸ばしたら届きそうな距離。こっちにあおりに来たら本気で答えるしかない!
斉藤さんはかなり男前! 場所は自分がステージ向かって左で斎藤さんが右。距離はあるんだけど、たまにこっちチラっと目が合うとやばい!かっけー!

で、ここでMC。鈴木さんはゆるいテンションで面白かったな。
ところがハプニングが。
斉藤「通天閣よりも高いテンションで!!!」
鈴木「次バラードなのに・・・」
斉藤「!?」
鈴木「??」

斉藤さんセットリスト間違えたらしいw

急遽セットリスト変更で通天閣よりも高いテンションでノれる曲に変更されました。

4.サンポサキマイライフ
5.デイライ協奏楽団
全然知らない笑
これ音源になってない曲で、でも分からないなりに知ったかで頑張りましたw 結構いけるもんで普通に楽しかったですね。

6.センチメンタルピリオド
唯一のシングル曲。これは間違いない。1つ目のピークを迎えましたね。

7.カラクリカルカレ
8.スノウリバース
9.WINDOW開ける
10.神に背く
この4曲も初聴きでもういっぱいいっぱい!スノウリバースだったけ?綺麗な曲で好きだったなー。まだまだ知らないユニゾンありましたね。早く音源化してほしい。

11.さよなら第九惑星
やっと知ってる曲でしかも好きな曲。こういうテンポがあってシリアスな曲好きだなあ。

12.ガリレオのショーケース
もう。これを踊りに来たと言っても過言ではないです。大好き。
お客さんもこの曲は特に異常なテンションで盛り上がります。それに応えるように3人も全力でプレイします。
田淵さんのテンションがここでまた1つのピークを迎えまして、ステージ左のカーテンをかぶり始めちゃいます。これは別に良かったんですけど、その後閉まってたカーテンがちょっと出てきちゃって一番端の自分からは田淵さんが隠れてしまいそうな状態に!ひー!しかしそんな状況はなんのその、そのちょっと出てきたカーテンからひょっこり顔を出したり隠したり。なんじゃこれ。

13.いつかの少年
この曲が始まる前に斎藤さんが「大切な曲で特別な時にしかやらない」と言ってこっちも身構えるんだけど、本当に聴かせる曲でこの曲だけはみんなじっとして聴き入ってました。ユニゾンは圧倒的に元気な盛り上がる曲が魅力だと思うんだけど、この静かに語りかけるような曲はそういう意味では異色であり、でもユニゾンにとって大きな曲っぽい。

14.フルカラープログラム
これも最強曲。この曲を視聴して流星前夜を買ったのがきっかけだったな。
この曲だったと思うけど、とうとう田淵さんベースをお客さんに預けてましたw
ラストサビは斎藤さんもマイクから離れて全員で合唱!最高でした。

もう全く中の温度が下がりません。アンコールです。

で、このときに自分も書いたメッセージ入りのTシャツがステージに置かれて。
メッセージは背中に書いてあったんだけど、最初は表向きに置かれててメンバーも「?」だったんだけど。
斉藤さんが裏返すと「…はっ!!」
喜んでたみたいで、本当自分も書けてよかったです。声かけてもらってありがとうございました。

-encore-

15.5分後のスターダスト
これがおそらくセットリスト間違えたときの曲です。どっかのMCで「セットリストを間違えたおかげで1曲減ってしまいましたが・・・」って言われたときに「え~!」ってのがあったので斎藤さんが「じゃ、アンコールしてw」というまさかのアーティスト側からアンコールをお願いするっていう珍事がありました。
いやーでも聴けてよかった。これユニゾンのスローテンポな曲の中では一番好きな曲だったので。

16.マウストゥマウス(新曲)
今回名古屋でLUNKHEADとのツーマン、東京ワンマン、大阪ワンマンとそれぞれ新曲を用意してくれていたようです。
こういうの嬉しいですよね。ユニゾンらしさ出てて好きな感じでしたよ!

17.MR.アンディ(party style)
パーティスタイルってことでピロピロ打ち込みの音が聞こえてきて、面白いですねー、でやっぱあのサビのフレーズ!
ラストなんで全力でした。

ハケていく3人。あーもう終わりかーなんて思ってたらまさかのダブルアンコール!!
いや実際あの雰囲気は全然帰れなかった!!

異例のダブルアンコール突入です。

-w:encore-

18.箱庭ロック・ショー
この曲は新世界ノートの中なら1番好きな曲です。飛んで盛り上がりました。
もう3人も無茶苦茶激しい!!斎藤さん最後こっちまで来てくれたし!


てな感じで全部終了です。
いやー楽しかった。暴れた。いいですね、こういう小さいハコだと自分も参加してる感がより味わえますね。距離感も全く違うし、空気が好きだなあ。
ただ失敗だったのはスピーカーに近づきすぎたことw 正直場所は良くなかったですね、しょうがなかったけど、他の場所に比べるとちゃんと音を聴けなかったと思います。
あとは何よりユニゾンがやっぱり好きだなあと思えました。あの全力な感じ。
大阪はワンマンなんて次いつやってもらえるかわかんないけど、次あったら絶対行きたいですね。
今は東京ワンマンを悩んでます。ていうか普通に関東遊びに行きたいんですよね。3回生になると後半は遊べなくなってくるだろうし。
大阪でもいくつかイベントがあるんだけど、行きたいやつは予定が重なってるかな。直前になって余裕あったらチケットとるかもですが。

1.アナザーワールド
2.水と雨について
3.流星行路
4.サンポサキマイライフ
5.デイライ協奏楽団
6.センチメンタルピリオド
7.カラクリカルカレ
8.スノウリバース
9.WINDOW開ける
10.神に背く
11.さよなら第九惑星
12.ガリレオのショーケース
13.いつかの少年
14.フルカラープログラム

-encore-

15.5分後のスターダスト
16.マウストゥマウス(新曲)
17.MR.アンディ(party style)

-w:encore-

18.箱庭ロック・ショー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。